シンガポールへ、そしてシンガポールから― 日本人としてアジアの地に身をおいて 伊藤世里江

はじめに ミッションスクールでの聖書との出会い 自己紹介を兼ねて、まず、わたしがどのようにしてクリスチャンになり、その後、現在いるシンガポールで日本語教会の牧師をするに至ったかを簡単に紹介させていただきます。それは、わた

Read more

私の77年の歩み 下山田誠子

日本の傀儡国家「満州国」の首都、新京に生を享けて、今日、北アルプスを眺める松本での暮らしは、12年目に入りました。新家庭を茨城県高萩市でスタートしてから13回の引っ越し、ここが終の棲家であって欲しいと思っています。敗戦後

Read more